Unityマニュアル
マニュアル     リファレンス     スクリプト   
Unityマニュアル
このドキュメントは有志により翻訳されたもので、オフィシャルではありません。オリジナルのページはこちら
This document is unofficially translated by users.Please see the original document here.

翻訳に関する修正など、ご連絡はこちらまで。
Please send e-mail to here, when you have any question about the translation.

Unityマニュアル

Unityへようこそ

Unityはインタラクティブエンターテインメントや、マルチメディア体験ができるアプリケーションの作成を強力にサポートします。 このマニュアルは、Unityの基本的な使い方から、応用テクニックまでを学習するのに役立ちます。すべてを通して読むこともできますし、リファレンスとして使うのも良いでしょう。

このマニュアルは3つのセクションに分かれています。はじめのセクションはユーザガイドで、Unityのインタフェース、Assetワークフロー、基本的なゲームの開発について説明します。もし、初めてUnityを使うのであれば、Unityの基礎 セクションから読み始めると良いでしょう。

2つ目のセクションはFAQです。一般的に行われるタスクについて、よくある質問と回答がのってます。

3つめのセクションは応用です。ゲームの最適化、シェーダ、ファイルサイズ、配布について説明します。

このマニュアルを読み終わったら、リファレンスマニュアルスクリプトリファレンスに目を通してください。ゲーム開発における手助けになります。

マニュアルに書かれていない質問がある時は、フォーラムで聞いてみてください。きっと答えが見つかるはずです。

楽しく読んでね,
Unityチーム

目次