アハラリ研究室

装着型リハビリロボットに関する研究開発


AHRARY Alireza(アハラリ アリレザ)准教授

学位

博士(工学)

所属

情報学科 

 

研究キーワード

・画像処理
・パターン認識
・IT農業
・ロボティクス

 

研究分野(テーマ)

① テーマ: 栄養学的観点に基づいた野菜生産流通情報に関するシステム開発

事業名:IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO))
研究期間:2012年11月~2014年3月
総事業費:6,000万円
研究開発責任者:アハラリ アリレザ
プロジェクトメンバー:崇城大学、ASD(株)
(再委託先:熊本ネクストソサエティ(株)、(株)ジャパンイズム、(株)大道学館メディカルサプライ)
プレスリリース:http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100158.html
 
プロジェクト概要:
野菜の生産項目・流通経過・基礎栄養価と、提供者(飲食店)の調理 による栄養価増減等の情報、及び消費者のニーズ(必要栄養価)等を指標としてマッチングさせ消費者へ料理をレコメンドするシステムを開発する。
 
 
② テーマ:業界初!! 10万円を切る装着型リハビリ支援システムの開発
事業名:社会・システム関連産業事業化支援事業(熊本県)
研究責任者:アハラリ アリレザ
研究開発期間:平成24年10月〜平成25年3月
研究開発費:148万円
参加機関:崇城大学、ASD(株)、エス・ユー・テクノス(株)
 
 
③ テーマ:画像処理を利用したFOSB自動外観検査方法及び装置に関する調査研究
受託研究
研究担当者:アハラリ アリレザ
研究開発期間:平成24年10月〜平成25年3月
研究開発費:100万円

 

担当授業科目

・センサー・アクチュエーター概論 (3年前期/情報)
・ロボティクス実験Ⅰ  (3年前期/情報)
・制御工学Ⅱ (3年後期/情報)
・ロボティクス実験Ⅱ (3年後期/情報)
・情報と職業 (2年後期/情報

 

受賞歴

・文部科学省国費留学生奨学生(1995年04月-1999年03月)
・ロータリー米山記念奨学生(2000年04月-2001年03月)
・ロボカップジャパンオープン中型リーグ三位入賞(日本)
 共同受賞者:ひびきの武蔵チーム(2004年04月)
・ IEEE International Conference on Networking, Sensing and Control 学生ベスト
 論文決勝出場受賞 (アメリカ)(2006年04月)
・ロボカップジャパンオープン日本ロボット学会賞 
 共同受賞者:ひびきの武蔵チーム(2006年05月)
・ロボカップジャパンオープン中型リーグ優秀(日本)
 共同受賞者:ひびきの武蔵チーム(2006年05月)
・ロボカップ世界大会中型リーグベスト8(ドイツ)
 共同受賞者:ひびきの武蔵チーム(2006年07月)
・崇城大学中山学長賞(ベストプレゼンテーション賞)(2013年07月)

 

経歴

・新潟大学大学院自然科学研究科 ティーチングアシスタント
(2003年04月-2003年08月)
・北九州市立大学国際環境工学部 ティーチングアシスタント
(2003年09月-2004年02月)
・ドイツ国立情報処理研究所(GMD-JRL) 補助研究員
(2004年02月-2004年03月)
・財)北九州産業学術推進機構ロボット開発支援室 研究員・コーディネーター
(2004年04月-2007年03月)
・九州工業大学大学院生命体工学研究科 リサーチアシスタント
(2006年06月-2007年02月)
・早稲田大学大学院情報生産システム研究科日本学術振興会 外国人特別研究員
(2007年04月-2008年01月)
・財)福岡県産業・科学技術振興財団 ポストドク研究員
(2008年06月-2010年03月)
・早稲田大学情報生産システム研究センター 客員研究員
(2008年04月-2012年03月)
・長崎総合科学大学情報学部知能情報学科 講師
(2010年04月-2012年03月)
・長崎総合科学大学新技術創成研究所情報技術部門 研究員

 

研究室・個人ページへのリンク